メニュー

Sophia Ladies Clinic

人生の四季に寄り添う
不妊治療・女性医療の
専門クリニックです。

不妊女性診療科更年期

当院は特定不妊治療助成事業 指定医療機関です。

当院だからできる治療

神奈川県相模原市中央区鹿沼台 2-12-2  サンライズアートビル地図へ

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日(予約診療は有) 診察時間はこちら

不妊学級

不妊患者さんのための勉強会を開催しています。ご夫婦でご参加ください。

老後へのQ&A

更年期症状で多い質問

十代女性のQ&A

若い女性から受診についてよくある質問

funinfaqbnr

不妊治療で多い質問

funinsodan

不妊治療に関しての相談内容と回答

letter

今、治療に対しての励みや参考としてご覧ください。

お知らせ

診療時間受付が元に戻ります [2017.06.30更新]

ご迷惑をおかけしておりましたが、4診体制で不妊専門窓口(2階)と女性診療科(4階)での診療体制が整いましたので、一時的に終了15分前までに来ていただいた予約体制を、7月より午前診療終了は13時・午後診療終了は18時までに来院することで診療可能となりました。また初めての患者様(新患)は予約なしでも診療いたします。予約患者様が優先しますのでお待ちいただくことがありますが受付で直接お申し出ください。

より簡単に出来るペンタイプ自己注射での中刺激採卵法を開始 [2017.06.13更新]

当院では1回目の採卵は出来るだけ1回の採卵で新鮮胚移植と凍結卵保存が出来る調節刺激法(COS)をお勧めしておりますが、自己注射を原則とするために、本法が不可能か困難を訴える方もおられます。このために従来の調節刺激より格段に簡単である自己注射用に作成されたペンタイプ注射器と低刺激のフェマーラを組み合わせた中刺激採卵刺激法を開始いたしました。夜間注射が必要なHCG注射も今年2月よりすぐ使用できるタイプが発売されたため、低刺激と調節刺激(COS)の良いところを組み合わせて採卵を行うことが可能となりました。自己注射指導に困難を感じたり、AMH低値で採卵を急ぐような方にはお勧めの方法です。値段もCOSよりペン使用のためで2万円ほど高くなりますが、低刺激の点鼻による刺激方法より確実に有効です。すでに本HP上に当院での従来の自己注射法のやり方を動画で載せてありますが、さらにペンタイプの動画の視聴も出来るようにしてあります。希望の方は遠慮なく受け持ち医に直接相談ください。勿論従来の低刺激法や自己注射でのCOS法も行っております。

風疹抗体検査とワクチンの予防接種 [2017.06.13更新]

風疹に対する免疫抗体を持たない方が妊娠初期に風疹罹患すると、高い確率で先天性風疹症候群(児の先天性心疾患・白内障・難聴など)にかかる恐れがあり、神奈川県内でも昨年度だけで数例の発症を見ています。そのため現在県市町村では妊娠を予定または希望している女性に対して無料で検査をし、抗体陰性または低値の方に対してワクチンの補助金を一部助成しております。相模原市では抗体検査は無料で受けられて、予防接種は風疹単体ワクチンに4000円、麻疹風疹混合ワクチン6000円の助成を行っております(平成31年3月31日まで)。不妊治療中や妊娠希望の方で風疹抗体の有無がわからない方や、抗体値が低下していると思う方は治療開始前に抗体値検査を受けて確認をしておきましょう。もしワクチンを接種した場合はその後2ヶ月間の避妊が必要です。当院は相模原市のこの事業の協力医療機関となっておりますので窓口で相談を受けます。また相模原市役所コールセンター電話042-770-7777 問い合わせで詳細な情報が得られます。

6月より2F不妊外来と4F女性外来が完全に分離して予約が取れるようになりました。 [2017.05.31更新]

5月より2F不妊外来と4F女性外来を分けて予約できるようにいたしましたが、予約システムの改変が完全に終了しましたので、窓口別に独立して予約を取る事が出来る様になりました。これで予約の時間枠も40%ほど増加いたしましたので、余裕を持って患者様も日にち・時間の予約が可能です。また当院へ通院治療中の方で緊急の場合の受診は、予約システムに関係なく窓口の電話(042-776-3636)で直接連絡の上、外来窓口においでください。担当医師の一覧表は、2箇月先までHPか外来窓口にて表示しております。7月、8月は学会・休暇などで担当の一部変更がありますがご了解ください。なお採卵・移植などのART医療は夏季休暇中でも休まず施術できるようにしております。

5月より2階に不妊専門外来、4階に女性診療外来と分離診察体制となります。 [2017.04.11更新]

医師数・院内設備等のより一層の充実が出来ましたので、2017年5月より移転当初と同様に2階に不妊専門外来・4階に女性診療外来と分離して診療を開始いたしました。2階の不妊外来は、特に患者様の数が多い土曜日は3診体制となりますので、待合も混み合わずに余裕を持って診療を受けることができるようになりました。また従来週1回のみの子宮鏡外来も週2~3回に増加しますので、特に良好卵を移植しても妊娠できない着床障害を疑われる方にはお勧めの検査が可能となりました。4階の女性診療外来では、受付・診察・検査・会計・次回予約等がすべて4階外来のみで行えますので、従来より待ち時間は少なく、診療の流れもスムースに行えますので、当院の特色である思春期~性成熟期~更年期~老年期にわたるすべての女性疾患への「かかりつけ機能を持つ外来」として診療体制を準備しております。特に女性疾患のうち、増加しつつある乳がん・子宮がん・卵巣がんなどや、胃がん・大腸がん・特定検診・市の市民検診なども同時にまとめて出来る体制を作りました。特に乳がん検診は女性検査技師による超音波検診や、必要に応じて病診連携を利用しての近隣の協力病院でのマンモグラフイー検診も可能です。子宮頸がん検診では、コルポスコープを利用しての精密検診も定期的にコルポ外来を開催していますので、安心して受診できるようにいたしております。また要望の多かった女性医師による検診希望には秦医師が常勤となり常時受け入れ可能となりましたので受付で確認ください。3階部分は従来どうり、生殖医療関係施設としての最新のタイムラプスなどを導入した採卵室・培養室・安静室・採精室などを完備しております。受診の方はホームページ上の診察担当表をご参照ください。

県内アート施設による緊急時互助システム発足について [2016.12.20更新]

神奈川県内の体外受精を行うプライベートクリニックのうち、横浜アート研究会所属の主要8施設が集まり、このたび突然の閉院や災害時に患者さんからお預かりしている凍結保存卵をお互いに移送・保存できるシステムを構築し運用する協定が発足しました。勿論このシステムは発動しないことがもっとも望ましいのですが、最近の国内での大災害発生や不妊施設の突然の閉鎖などが報道される中で、ひとつのARTの安全・安心への試みとして注目されています。個々のクリニックの情報については主治医に相談ください。

子宮鏡外来を開始 [2016.10.16更新]

10月より子宮鏡外来を開始いたしております。原則予約制で木曜日午前中/水曜日午後の週2回の外来を行っています。使用するのは径3mmの細いファイバー子宮鏡で、観察・記録が主となります。希望の方は担当医にご相談ください(健康保険適応があります)。なお子宮鏡を行うメリット等のついては、不妊Q&Aに示してありますのでご参照くださいが、昨年開始以来主として良好卵を移植したにもかかわらず、着床しない方を中心に観察したところ、50%以上に、小さなポリープや、繊維状の細い癒着を認めておりますので、着床障害の疑われる方には行う必要のある検査と考えています。

10月より自己注射集団指導を開始しました [2016.10.11更新]

当院では初回の採卵は良好卵の数増加・凍結可能卵獲得を目指して自己注射法をお勧めしております。注射のための通院が不要となり、経済的にもメリットがあります。従来は個別に行っておりましたが、希望者の増加のため、10月より集団指導を開始いたしました。これで不可能の方のみ個別指導を行います。またHPでも動画で自己注射の方法を確認できるようになりました。より簡単なペンタイプでの自己注射も可能ですので、遠慮なくスタッフに相談ください。第1回目は10月6日(木)午後1時よりプロミティー淵野辺会議室で行いましたが、今後は月1回の割合で開催いたします。希望の方は受付で予約ください。また自己注射不可能の方でもほかに方法がありますのでご相談下さい。

タイムラプスを全例に使用開始・記録動画も提供可能です [2016.08.31更新]

4月より導入したタイムラプス試用により、現在まで前年度比移植妊娠率にて6%の上昇が見られました。この結果より9月より初回の採卵例全例と、再採卵例で希望の方には原則初期胚まで(D3)のタイムラプス使用を開始いたします(使用料3千円)。また胚盤胞までの使用を希望される方には、1万円が必要となります。またCDでの動画所有を希望される方には1万円で提供いたします。もしタイムラプス使用が不要の方は、遠慮なくお申し出ください。移植前の外来で直接動画をお見せいたします。

市の検診券を利用される方に [2016.03.08更新]

子宮・乳がん・特定検診などの相模原市の公的検診を受けられる方は、あらかじめ事前に受付にお申し込みください。待ち時間が無いようにあらかじめ検査のセッテングを行いますのでスムースに検診が受けられます。電話連絡で可です。

交通案内

ソフィアレディスクリニック
神奈川県相模原市中央区鹿沼台 2-12-2

〒252-0233
神奈川県相模原市中央区鹿沼台 2-12-2 サンライズアートビル

大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00

祝祭日は体外受精・胚移殖と予約診療は行います。
担当医制ではありません。どの医師も受診可能です。

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日(予約診療は有)

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です

詳しくはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME