メニュー

Sophia Ladies Clinic

人生の四季に寄り添う
不妊治療・女性医療の
専門クリニックです。

不妊女性診療科更年期

当院は特定不妊治療助成事業 指定医療機関です。

当院だからできる治療

神奈川県相模原市中央区鹿沼台 2-12-2  サンライズアートビル地図へ

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日(予約診療は有) 診察時間はこちら

不妊学級

不妊患者さんのための勉強会を開催しています。ご夫婦でご参加ください。

老後へのQ&A

更年期症状で多い質問

十代女性のQ&A

若い女性から受診についてよくある質問

funinfaqbnr

不妊治療で多い質問

funinsodan

不妊治療に関しての相談内容と回答

letter

今、治療に対しての励みや参考としてご覧ください。

お知らせ

予告;4月より診療体制がより受診しやすくなります [2017.02.05更新]

2017年4月より、外来診療体制がより充実いたします。秦医師(女性医師)が常勤となり、不妊専門の長谷川医師が参加、常勤3名、非常勤3名の外来体制となり予約時間はほぼ待ち時間なく受診可能です。また患者様が集中する土曜日も受診枠増加しますので、待ち時間は大きく短縮されます。また現在午後の時間帯は比較的すいていますので、予約なしでこられても対応が出来ます。診察予定医師名はホームページの診療担当医表および院内で掲示しておりますので、そちらでご確認ください。すべての患者様は、2階総合受付においでください。

東京都が今年度より不妊検査費用の一部助成開始。 [2017.01.25更新]

東京都は、少子化対策として、不妊検査費の一部を助成する独自の制度を今年度(2017年)から開始すると発表しました。早期の不妊治療開始を促すことが目標で、35歳未満の男女が対象となります。神奈川県などの市町村にもこのような一般不妊治療の助成制度があるところもありますが、都道府県単位では珍しく今年は2億円の予算を計上するとの事です。すでに体外受精などの特殊治療には全国で助成制度が確立していますが、今回は不妊治療開始に必要な初期の検査費と初期の治療費についても助成することで、スムースに不妊検査に入れることを目指しています。5万円を上限に助成するが、費用を理由に検査を受けられない事例が多いと判断したといい、今年度は対象はさしあたって4千人を見込んでいるとの事です。

県内アート施設による緊急時互助システム発足について [2016.12.20更新]

神奈川県内の体外受精を行うプライベートクリニックのうち、横浜アート研究会所属の主要8施設が集まり、このたび突然の閉院や災害時に患者さんからお預かりしている凍結保存卵をお互いに移送・保存できるシステムを構築し運用する協定が発足しました。勿論このシステムは発動しないことがもっとも望ましいのですが、最近の国内での大災害発生や不妊施設の突然の閉鎖などが報道される中で、ひとつのARTの安全・安心への試みとして注目されています。個々のクリニックの情報については主治医に相談ください。

インフルエンザ予防注射開始いたしました [2016.11.05更新]

当院ではインフルエンザの注射をしております。今年はすでに流行期に入ってきており寒さ到来とともに猛威を振るう恐れがあります。また妊婦が罹患すると重症化する事が知られており、妊娠予定または妊婦さんも積極的に予防注射することが勧められております。窓口で予約できますが数に制限がありますのでお急ぎください。

子宮鏡外来を開始 [2016.10.16更新]

10月より子宮鏡外来を開始いたしております。原則予約制で木曜日午前中を予定しています。使用するのは径3mmの細いファイバー子宮鏡で、観察・記録が主となります。希望の方は担当医にご相談ください(健康保険適応があります)。なお子宮鏡を行うメリット等のついては、不妊Q&Aに示してありますのでご参照ください。

10月より自己注射集団指導を開始しました [2016.10.11更新]

当院では初回の採卵は良好卵の数増加・凍結可能卵獲得を目指して自己注射法をお勧めしております。注射のための通院が不要となり、経済的にもメリットがあります。従来は個別に行っておりましたが、希望者の増加のため、10月より集団指導を開始いたしました。これで不可能の方のみ個別指導を行います。またHPでも動画で自己注射の方法を確認できるようになりました。より簡単なペンタイプでの自己注射も可能ですので、遠慮なくスタッフに相談ください。第1回目は10月6日(木)午後1時よりプロミティー淵野辺会議室で行いましたが、今後は月1回の割合で開催いたします。希望の方は受付で予約ください。また自己注射不可能の方でもほかに方法がありますのでご相談下さい。

タイムラプスを全例に使用開始・記録動画も提供可能です [2016.08.31更新]

4月より導入したタイムラプス試用により、現在まで前年度比移植妊娠率にて6%の上昇が見られました。この結果より9月より初回の採卵例全例と、再採卵例で希望の方には原則初期胚まで(D3)のタイムラプス使用を開始いたします(使用料3千円)。また胚盤胞までの使用を希望される方には、1万円が必要となります。またCDでの動画所有を希望される方には1万円で提供いたします。もしタイムラプス使用が不要の方は、遠慮なくお申し出ください。移植前の外来で直接動画をお見せいたします。

市の検診券を利用される方に [2016.03.08更新]

子宮・乳がん・特定検診などの相模原市の公的検診を受けられる方は、あらかじめ事前に受付にお申し込みください。待ち時間が無いようにあらかじめ検査のセッテングを行いますのでスムースに検診が受けられます。電話連絡で可です。

読売新聞「病院の実力」欄に掲載 [2016.02.07更新]

2月7日の新聞の2014年不妊治療欄に実績掲載があります。当院では施術数の多さよりその背景から一例一例を最良の条件で、丁寧に治療する事をこれからも心がけてゆきます。

補助金が増額されます [2016.01.24更新]

1月20日国会で今年度補正予算が通過。不妊治療助成金が1回目は30万円に増額されました。また男性のTESEに対しても1回15万円が助成されます。居住する都県市町村の担当課にてご確認ください。

交通案内

ソフィアレディスクリニック
神奈川県相模原市中央区鹿沼台 2-12-2

〒252-0233
神奈川県相模原市中央区鹿沼台 2-12-2 サンライズアートビル

大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00

祭日は体外受精・胚移殖と予約診療は行います。
※担当医制ではありません。どの医師も受診可能です。

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日(予約診療は有)

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です

詳しくはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME