メニュー

更新情報

習慣性流産にて2児を得られた後に治療を終了された方より(2019.07.09更新)
佐藤先生を始め、阿久津先生、スタッフの皆様 今まで十数年間本当に有り難うございました。28歳で通い始めた私ももう40歳になり、治療前に決めた自分たちの卒業の年となりました。第3子の治療は卒業いたします… ▼続きを読む

妊娠初期の大量出血を経て、無事出産された方より(2019.06.09更新)
体外受精で成功し妊娠したものです。妊娠初期、担当の阿久津先生より「次に産科病院への紹介状を書くから」といわれ次の検診を楽しみにしていたところ、突然に自宅で大量の出血に出会い、急遽産科のある病院を受診。… ▼続きを読む

富士製薬KK ARTに関する研修会 2019年6月4日 新横浜セントラルビル5F(2019.06.09更新)
「日本のARTの過去、現在、そして将来に向けて}と題して院長佐藤が長年のARTに関与してきた経験より、世界を震撼させた1978年のルイスブラウンの誕生から、1984年の受精着床学会の日本のARTの始ま… ▼続きを読む

2019年6月8日:第38回SAG研究会 「男性不妊症の診療と今後の展望」 (2019.06.09更新)
横浜市大生殖医療センター泌尿器科部長 湯村 寧先生 ベストウエスタンレンブラントホテル東京町田 今回は最近進歩が目覚しい男性不妊の診療情報と研究の動向について、横浜市大の湯村先生にご講演をお願いしま… ▼続きを読む

精子の質を向上させる肉類は?(院長コラム)(2019.04.21更新)
精子の数が過去数十年にわたって減少している事は多くに報告があります。精子の質は食事内容によって変化することが知られていましたが、今年に入りハーバード大学公衆衛生学の研究者らが若年男性を対象とした研究で… ▼続きを読む

DHEAは卵巣年齢低下者のミトコンドリア機能を改善する(院長コラム)(2019.04.07更新)
ミトコンドリアの機能不全は人の年齢に関与した生殖機能の低下をもたらすことは良く知られています。最近の医学誌のJ.CLIN.MED。にLi CJらによってDHEA 90㎎/日を8週間投与したところ、卵巣… ▼続きを読む

特別養子制度について(院長コラム)(2019.03.18更新)
不妊治療では成功しない場合どこで治療を中止するかが難しいとの相談を良く受けます。従来の養子制度に加えて最近では、特別養子制度が受けやすくなってきています。文芸春秋誌2019年1月号に女優の瀬奈じゅんさ… ▼続きを読む

新型出生前診断(NIPT)が拡大へ(院長コラム)(2019.03.05更新)
新型出生時診断(NIPT)は従来は学会が認定した少数の機関のみで診断が可能であったが、このほど日産婦学会は検査機関を一般産科診療所でも可能拡大とする決定を行いました。この背景には遺伝子診断の施設が増加… ▼続きを読む

習慣性流産の一因に精子の異常?(院長コラム)(2019.01.27更新)
一般的に流産を繰り返す習慣性流産の原因は女性側にあると考えられてきましたが、英国インペリアルカレッジのJayasena 氏らの研究では精子の健康状態が妊婦の健康状態に関与することが判明したと今年の1月… ▼続きを読む

甲状腺機能低下症を克服妊娠された方より(2018.12.27更新)
無事に長男を出産いたしました。真夜中に頭回旋異常で苦しんだものの、妊娠までの道のりを思い出して安とか耐えることが出来ました。妊娠中・産後の甲状腺機能も正常値で、待ち望んだ息子の育児を楽しんでおります。… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME