メニュー

更新情報

体外受精で成功するための条件(英国の報告より)(2016.12.13更新)
世界で最初に体外受精児が誕生した英国のもっとも権威ある雑誌BJM(British Joutnal of Medicine ;2,016年11月号)に10年にわたる体外受精(IVF-ET またはICSI… ▼続きを読む

第61回日本生殖医学会を終えて(2016.11.05更新)
2,016年11月3日より横浜パシフイコを会場に第61回日本生殖医学会が開催されました。旧日本不妊学会から衣替えしてから10年を経過して、一時停滞気味であった日本の不妊・生殖内分泌学の分野も今年は新し… ▼続きを読む

卵巣刺激法に関するアドバイザリー会議(2016.11.03更新)
「HMG製剤、特に切り替え時の使い方」2,016年11月2日;横浜ベイホテル東急。B2階.はまゆう… ▼続きを読む

ソフィア開院15周年で思う(2016.10.26更新)
今年2,016年5月30日でソフイアは開院満15年を迎えました。私にとっては今年は記念すべき区切りの年となりました。10月某日に今までお世話になった方々をお迎えしてささやかな開院15年の祝賀会を行いま… ▼続きを読む

更年期講演会を終えて(2016.10.16更新)
2016年度相模原市南保健福祉センター主宰の女性教室{女性は誰もが通る通過点”更年期”知っているつもりになっていませんか}が、幅広い年齢層の64名の方が参加して修了しました。内容は出来るだけ最新のデー… ▼続きを読む

子宮鏡(ヒステロファイバースコープ)とは(2016.10.16更新)
子宮内を観察する方法です。特にファイバースコープは径が細くやわらかいので、検査に伴う痛みは少ないですから、処置用の硬性鏡などのように麻酔は原則不要であり外来検査として出来ます。着床不全、内膜ポリープや… ▼続きを読む

大隅良典教授の医学生理学ノーベル賞受賞を祝う(2016.10.11更新)
今年の医学生理学ノーベル賞は東工大の大隅教授に決定した。日本の基礎研究が大いに評価された結果であり2012年の山中教授、2015年の大村教授に続いての日本の医学・生理学の基礎研究の底力が示されたことで… ▼続きを読む

いわゆる「更年期検診」について(2016.10.04更新)
更年期とは45歳から55歳までの10年間をさすことが多いのですがこの期間だけが対象でしょうか?40歳ごろから女性の体に多くの症状が現れます。これはホルモン減少だけではなく社会・家庭環境の変動が激しい年… ▼続きを読む

41歳、緊急帝王切開で分娩された初産の方より(2016.09.13更新)
ソフイアレデイスクリニック佐藤院長並びにスタッフの皆様。私は7月末に緊急帝王切開にて女児を出産いたしました。分娩予定日の1ヶ月前でした。予定日4週間前の定期妊婦検診のため病院を受診したところ、尿淡白+… ▼続きを読む

最近の乳がん検診について思う(2016.09.10更新)
日本でも乳がん症例がが急速に増加し、特に有名人が乳がん罹患を発表したり、闘病の状態をカミングアウトすることで、多くの女性が乳がん検診の大切さを感じて検診に参加するようになって来ました。先週・今週と2回… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME