メニュー

不妊症Q&A

最近話題の「胚盤胞移殖」とはどのような事?(2016.01.14更新)
現在では、採卵後2日間の培養後胚移殖していますが、子宮内膜との関連より見るとやや不自然であり、5日間の培養法が最近では行われつつあります。 5日間培養すると受精卵は、桑実胚、または胚盤胞という着床寸… ▼続きを読む

高度生殖医療について説明して下さい(2016.01.14更新)
1978年に英国でヒト体外受精・胚移殖による妊娠の成功以来、高度な技術的な発展があり、これ以来開発されたヒトに対する生殖技術(ART)のことです。 この中には、GIFT法(配偶子卵管内移殖)や体外受… ▼続きを読む

最近よく耳にする受精障害、着床障害とは?(2016.01.14更新)
受精障害について 最近精液検査で形や数、運動能は正常で、排卵もあって、AIHをくりかえしても妊娠しない症例の中に、いわゆる受精障害といわれる病態があります。 精子の輸送や、卵の取り込みなど卵管の機… ▼続きを読む

受精卵や精子の凍結保存法とは?(2016.01.14更新)
体外受精では通常複数個の受精卵が得られますが、子宮内に戻す個数は1ヶ~2ケ位までで、余剰の卵については、特別なフリーザーで凍結保存することが可能です。 しかも長期間の保存も出来ます。従って従来のよう… ▼続きを読む

AIHは何回まで行うことができますか?(2016.01.14更新)
AIHの施行回数に関しては、現在では多くの施設では、以下のように考えられております。 すなわち過去の経験から 6~7回を過ぎるとその累積妊娠率は増加しないことが判明しており、その場合にはAIHのタイ… ▼続きを読む

人工授精(AIH)と体外受精(IVF)の違いは?(2016.01.14更新)
AIHは古くから行われている方法で、出来るだけ多くの精子を卵に到着させることを目的としています。 まず不妊治療の第一段階として行われることが多いですが、子宮内から卵管までの経過は自然妊娠の場合と同様… ▼続きを読む

人工授精(AIH)とは?(2016.01.14更新)
通称人工授精(AIH)は、以前より不妊症の大切な治療法として行われ、現在もその価値は失われておりません。 ただし、妊娠率を向上させるためにその方法は次に挙げるように変化してきております。子宮腔内に直… ▼続きを読む

不妊の検査治療はどのように行われますか?(2016.01.14更新)
過去に妊娠の経験があるか否か、年齢や治療歴にもよりますが、一般的には次の3大原因のチェックから行われます。 卵巣の働き(排卵や、排卵後の機能など)がうまく行っているかどうか(ホルモン検査や基礎体… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME