メニュー

不妊症Q&A

着床障害について(2016.08.02更新)
不妊である原因は現在かなりの部分解明されてきましたが、着床障害は残された不明の部分がまだある病態です。大きな着床障害の原因部分を占めるのは①黄体機能不全といわれる子宮内膜へのプロゲステロン作用がうまく… ▼続きを読む

新型出生前診断(NIPT)について(2016.07.24更新)
妊婦の血液よりダウン症などの染色体異常を調べるNIPTについて、日本での臨床研究の結果が7月16日にまとめが発表されています。この3年間で30,615人の肩が検査を受け1.8%(547人)が陽性と診断… ▼続きを読む

ミトコンドリア注入療法とは?(2016.06.07更新)
ミトコンドリア(MC)とは卵の細胞質に存在する小器官で、独自のDNAを有しており細胞に蓄積された糖質などの栄養素を分解して、細胞を働かせるためのエネルギーを産生したり運ぶために活動していると考えられて… ▼続きを読む

不妊治療とHCG注射療法について(2016.04.19更新)
不任治療中のHCG注射療法は必要ですか?との質問をよくいただきます。HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は妊娠時の胎盤細胞より分泌されるホルモンで妊娠初期に高く着床・妊娠の診断によく使われます。また不妊… ▼続きを読む

タイムラプスとはどのような装置でしょうか?(2016.04.02更新)
タイムラプスモニタリングシステムとはより精度の高い体外受精・顕微授精を行うための、最先端の培養器と受精卵の観察・記録ができるシステムを組み合わせた装置です。タイムラプス(time -lapse)とは、… ▼続きを読む

不妊症の定義が変更されたとの事ですが?(2016.03.29更新)
日本産科婦人科学会では従来の不妊(症)の定義を、近年の生殖医学や不妊症治療の国際化、日本での女性の晩婚化やキャリア形成指向で女性の妊娠年齢が上昇する中、定義を変更して、女性がより早期に適切な不妊治療を… ▼続きを読む

喫煙・受動喫煙が不妊および早期閉経に関連(2016.03.08更新)
今年1月に米国の大規模研究(女性の健康イニシアチブ(WHI)」では約18万人余の女性からの研究結果を報告しています。喫煙経験のある女性は経験の無い方の比べ不妊の確率が14%高く、早発閉経(50歳以前の… ▼続きを読む

原因不明不妊症とは(2016.03.06更新)
通常の検査では、原因を特定出来ない不妊症を「原因不明不妊症」または「機能性不妊」と言います。したがって原因が無いのではなくその時点で原因が見つからない症例を言いますので、このように診断された方は自分に… ▼続きを読む

不育症の検査・治療について(2016.02.28更新)
不育症とは3回以上連続して流産・死産を繰り返した例を習慣性流産と言い、2回連続した場合を反復流産と定義します。原因として過去には種々の主張・学説がありましたが、現在では厚労省研究班で整理されマニュアル… ▼続きを読む

環境ホルモン(BPA)について(2016.02.14更新)
喫煙の不妊症男女に及ぼす悪影響は明らかであり、喫煙者のART妊娠率は明らかに低いことは、我々もすでに報告をしています。今回は2016年1月の米国内分泌学会(ENDO)の報告から紹介します。239人の体… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME