メニュー

更新情報

12年間にわたり治療を続行。ついに妊娠に成功された患者さんより(2022.05.16更新)
まさか自分たちに妊娠して卒業する未来がくるとは思っていませんでした。10年以上治療をしてきて、期待しては落胆し年齢的に焦りを感じるのを繰り返すうちに心のどこかで、もう無理かな区切りをつけようかなと思っ… ▼続きを読む

不妊の保険治療が始まりました。問題点は?(2022.05.14更新)
2022年4月1日より従来自費診療であった不妊治療(タイミング療法・人工授精(AIH),体外受精・顕微授精の4方法)に対する保険治療が開始しました。これから少しずつ不備な点は改善されてゆくと思いますが… ▼続きを読む

国の不妊治療保険化の動き(院長コラム)(2021.04.01更新)
2020年菅内閣成立により、少子化対策として高度不妊治療を保険に取り入れる動きが活発化しています。すでに2021年1月以降終了した症例はすべてに所得制限が撤廃されており、体外受精・顕微授精を受けるすべ… ▼続きを読む

子宮内膜が薄く移植がキャンセルになる方へ(院長コラム)(2020.11.10更新)
再生医療の中でPRP(多血小板血清)療法といわれる治療があり、現在まで整形外科などで使用されてきました。血小板には多くの成長因子や、組織の修復・免疫を促す因子が存在することが判明しています。ただPRP… ▼続きを読む

中隔子宮と長期の治療を乗り越えて、2人の児を得られた方より(2020.10.22更新)
ご無沙汰しています。今年1月までお世話になっておりました。長男を佐藤院長先生、次男を秦先生に授けていただきました。はじめてクリニックを受診したのは10年近く前になります。中隔子宮の診断を受けたときには… ▼続きを読む

コロナの中で分娩された方より(2020.08.17更新)
ソフィアレデイスクリニックの皆様へ、 この度子供を出産することが出来ましたのでご報告させていただきます。2回目の体外受精で妊娠することが出来てから出産まで、新型コロナウイルス等もあり不安の多い妊娠期… ▼続きを読む

思春期子宮内膜症について(2020.06.10更新)
子宮内膜症は成人の病気と考えられ、思春期の月経痛の原因としてはあまり存在しないと今までは考えられていました。最近東京大学の甲賀かおり先生が発表した論文の中で腹腔鏡で確認された思春期子宮内膜症の罹患率に… ▼続きを読む

今回のコロナ騒動に思う(院長コラム)(2020.05.26更新)
今回の新コロナ感染症の急激な拡大について、思い出すのは、1985年のエイズ感染症の時です。この年に渡米して、テキサスヒューストンにたどり着いて大学から最初に言われたのは、AIDSの検査を受けることでし… ▼続きを読む

文芸春秋の体外受精対談より(院長コラム)(2020.02.18更新)
ようやく最近不妊症の半分は男性にあることが一般にも知られてきました。2020年1月号の雑誌文芸春秋に「男性不妊を知ってほしい」との記事で、俳優石田純一×ロックシンガーのダイアモンド・ユカイさんの対談記… ▼続きを読む

精子は暑さ・寒さに弱い(院長コラム)(2019.12.01更新)
これから本当に寒い日々を迎えます。人工授精や体外受精では精子を自宅採取してクリニックまで運搬することが一般的になっていますが、その際どのような工夫をされているでしょうか?タオルに包んだり、胸の間に挟ん… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME