メニュー

緊急避妊法(モーニングアフターピル)の処方

当院では、避妊に失敗してしまった時や、避妊をしないで行った性交後に妊娠の危険性を減少させる手段として緊急避妊法・モーニングアフターピルの処方が出来ます。すなわち緊急避妊薬は、経口避妊薬のように計画的に妊娠を回避するものではなく、避妊処置に失敗・講じなかった性行為後に緊急用のものをいいます。従来は通常の高容量ピルが使用されていましたが嘔吐・嘔気などの消化器症状が強いため(yuzpe法)最近ではより副作用の少ないノボノルゲストロル(ノルレボ)が頻用されています。性交後72時間以内に1回服用すればよく、その妊娠阻止率は85%と言われており、従来のyuzpe法に比べると阻止成功率は高く、副作用が少ないことが判明しています。ただyazpe法よりやや高価なのが難点です。服用後次の予定月経を7日間過ぎても生理が発来しないときには妊娠の可能性があり、必ず再度の受診が必要です

このように性行為後3日間以内に服用しなければ、成功率が低下しますので、出来るだけお早めにご相談ください。また」この方法は緊急的な方法であり、今回うまく避妊に成功しても事後より確実な避妊法(定期的な低用量ピルの福与)へ移行する必要があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME