メニュー

月経前症候群の管理

月経前症候群は乳房痛、腹部膨満感、頭痛、手足のむくみなどの身体症状や抑うつ、いらだち、不安、引きこもりなどの情緒的症状も訴え、生理開始4日以内に症状が消え、排卵前までは再発しない病態を言います。治療としては五苓散などの漢方薬や、低用量ピル、SSRIといわれる安定剤などが使用されます。そのほかカウンセリングや生活指導をあわせておこなうことで治療効果を高めることができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME